外資系と言えば、英語が堪能で海外出張に行けて、給料が高いなどの良いイメージをもつ人も多いでしょう。外資系企業に転職したい場合、どうすればいいのか、求められ人材や身につけておくと有利なスキルなどをご紹介しましょう。

未経験で外資系に転職する方法

外資系企業への転職は未経験でも可能か?

外資系企業への転職は、未経験でも全く問題ありません。未経験であっても、今後企業の戦力として活躍が見込める人材だと認められたら採用されます。ただ、ほとんど武器がない状態で面接に挑んでも茨の道となって…

もっと詳しく

英語が堪能でなくても、外資系企業に転職できるか?

外資系企業への転職をする上で不安に感じる人も多いのが英語力の有無についてです。海外の企業を相手に仕事をするイメージから、ネイティブな英語力が必要不可欠と考えている人も少なくありません。しかし、一口…

もっと詳しく

外資系で求められスキル

外資系企業で求められビジネススキルとは?

外資系企業で働く場合に求められるビジネススキルには、どのようなスキルがあるのでしょうか?外資系企業で働くうえで重要なスキルは中学生以上の英語力です。なぜ、中学生以上の英語力が必要かというと、外資系…

外資系企業で求められるヒューマンスキルとは?

転職先として外資系の会社を選ぶ人も少なくありません。日本の企業よりも外国の企業の方が自分自身の力を発揮することができ、頑張っただけの評価をしてもらえるのではないか、という理由ではないでしょうか。確…

外資系企業への転職で役立つ資格とは?

金融・会計分野の外資系企業に転職したい人は、米国公認会計士 (CPA)を取得するのがおすすめです。米国公認会計士とは、経理や財務、税務に関する世界基準の会計知識を有していることを証明できる国際資格…

海外で働いたことがなくても、外資系企業に転職できるか?

海外未経験でも外資系企業で働けます

海外未経験者でも外資系企業に転職する事は出来るのでしょうか?結論からいうと、海外で働いたことがない人でも外資系企業に転職することが出来ます。とは言え、誰でも転職できるのかというと違います。外資系の企業は一定の専門知識が必要になるケースが多いからです。この専門知識というのは英語力という意味ではなく、特殊な資格の保持者という意味です。例えば、通関士と呼ばれる資格を所持している方は外資系の企業に転職する際に有利になります。通関士は、貿易を行う企業では必須の人材になるからです。この資格を保持している者でないと、税関に提出する書類を作成したり手続きを行うことが出来ません。このように、特殊な資格を保持している場合は、海外未経験者でも外資系の企業で働くことが出来ます。

外資系企業に転職したい場合はどうしたら良いのか

では、海外で働いたことのない人が外資系の企業に転職したい場合、どうしたら良いのでしょうか。おすすめの方法は、転職サイトを活用する事です。特に、外資系企業を中心に紹介している転職サイトを活用して下さい。なぜ、転職サイトの利用がオススメかというと、専属のコンサルタントやキャリアアドバイザーと呼ばれる方にアドバイスを貰うことが出来るからです。また、外資系企業を中心とした転職サイトの場合は、一般には公開されていない非公開求人と呼ばれる求人情報を得ることが出来ます。中には働きながらキャリアを積める企業もあるので、キャリアアップをしたいという方にもオススメです。海外未経験者が外資系企業で働きたい場合は、外資系に強い転職サイトを使いましょう。

待遇面を重視しながら探せる外資系求人

外資系求人では、経験やスキルに見合った収入を得られる求人が充実しているため、待遇面を重視しながら求人探しができます。