英語が堪能でなくても、外資系企業に転職できるか?

仕事において利用頻度が少ない会社を狙う

外資系企業への転職をする上で不安に感じる人も多いのが英語力の有無についてです。海外の企業を相手に仕事をするイメージから、ネイティブな英語力が必要不可欠と考えている人も少なくありません。しかし、一口に外資系と言っても、仕事内容によっては英語を必要としない所もたくさんあります。
中でも代表的な仕事が外資系企業が経営を行っているブランドショップの販売などです。こうした販売員であれば対象が日本人になるので英語が全く話せなくても仕事に就くことはできます。
そのほか、海外に支社を構える大企業であれば役員や職員の日本人の比率が高く、業務やプライベートの会話を日本語でやり取りがすることが可能です。このように、仕事や企業の選び方によっては英語ができない人でも働くことはできます。

転職サイトを活用する

英語に自身がない状態で外資系企業への転職を考えている人にお勧めとなるのが、転職エージェントの利用になります。転職エージェントとは、文字通り転職を考えている人の相談に乗って、希望や能力を踏まえた上で最適な職種を提案してくれる人材サービスのことです。
中でも、外資系企業を専門としているエージェントを利用すれば、その時点で自分が持っている英語力を判定してもらうことができます。自分ではそれなりに話せるつもりで転職をしてみたら、実践で使えるレベルではなかったという失敗例は少なくありません。
第三者の立場でエージェントに見極めてもらえばこうした失敗をすることなく無理のない形で働ける仕事に就くことができます。利用における費用について気にする人もいますが、個人として利用する場合は原則無料となっています。