外資系企業への転職で役立つ資格とは?

金融・会計分野で役立つ資格

金融・会計分野の外資系企業に転職したい人は、米国公認会計士 (CPA)を取得するのがおすすめです。米国公認会計士とは、経理や財務、税務に関する世界基準の会計知識を有していることを証明できる国際資格です。監査法人やコンサルティング会社をはじめ、幅広い分野での活躍が期待されます。例えば、外資系企業が海外進出するときや、合併や再編を行うときなど、国際会計基準が必要となる業務において重要な役割を担います。また、米国公認会計士の試験は当然ながら英語で行われるため、ある程度のレベルの英語力を身に付けているという証にもなるでしょう。試験の難易度は決して低くはありませんが、転職の際に有利に働き、給与アップも見込めます。

IT関連の企業で役立つ資格

外資系企業には、IT関連の企業も多くみられます。IT関連の外資系企業に転職するなら、プロフェッショナルエンジニア(PE)を取得するとよいでしょう。プロフェッショナルエンジニアとは、エンジニアとして国際的に通用するレベルの技術力を有していることを証明できる資格です。全米試験協議会のもと、日本PE・FE試験協議会が検定試験を実施しています。ファンダメンタル・オブ・エンジニアリング(FE)試験とプロフェッショナルエンジニア(PE)試験という2つの試験があります。FE試験は、理工学部の4大卒学位が必要です。PE試験は、エンジニアの実務経験が4年以上あること、かつFE試験を合格することが受験条件です。この資格も、給与アップが期待できます。