外資系企業への転職は未経験でも可能か?

未経験でも全く問題ない

外資系企業への転職は、未経験でも全く問題ありません。未経験であっても、今後企業の戦力として活躍が見込める人材だと認められたら採用されます。ただ、ほとんど武器がない状態で面接に挑んでも茨の道となってしまう可能性が高いです。例えば外資系企業では英会話能力が求められる場合が多いですが、中学生レベルの単語も理解していないという状況であれば難しいです。もちろん外資系企業だからと言って周囲の人間全員が外国人という訳ではありませんが、社内や社外で英会話が求められるシーンも出てきます。コミュニケーションができないと仕事が全く進まないどころか後退してしまうので、簡単な英会話が可能な状況であることが必須と言えます。

いかにメリットをもたらすか

外資系企業は日本の企業と考え方が根本的に違う場合があります。例えば日本の企業は採用した社員を育てて一人前にするという過程がありますが、外資系企業にそれが当てはまるかどうかは不明です。どちらかと言うと外資系企業は実力主義の面が強く、有能な人材であれば若くても重役に抜擢されることもあります。つまり、外資系企業で採用を勝ち取るにはいかに自分がメリットをもたらす人間であるかを証明しないといけません。故に、働きながら成長するという曖昧な姿勢では面接官に響かない可能性が高いです。今現在の自分の強みを理解したり弱い部分を克服して、しっかりとアピールする必要があります。未経験だからと言って自信を失うのではなく、エネルギッシュな印象を与えたいものです。